ダブルパンチ!?生理と下痢の意外な関係性とは?

妊婦 女性にとって生理とのお付き合いは長いものであり、それに伴う様々な症状に対しても上手に対処していく必要があります。
毎月の生理に対しては、面倒で煩わしいと思う事もありますが、健康な体にとっての自然現象であり、女性ならではの妊娠や出産を迎えるために大切な機能でもあります。

ただ、そんな大切な機能ですが、生理が始まる前から生理中にかけては特に下痢になりやすく、悩みの種となっている人も多いです。
特にお腹を壊している訳でもなく心当たりがないのに、出血と下痢によって体調が不安定になり、体が消耗してしまう事もあります。

これは、女性ホルモンの働きに伴う現象の一つであり、そのメカニズムは、エストロゲンとプロゲステロンというホルモンの作用によって腸の動きに影響を与えるものです。
冷たい飲み物などの水分の取り過ぎによって起こる下痢とは異なり、外的刺激ではなく体内のホルモン環境によって起こる自然現象といえます。

女性の体は男性と異なり、独特なメカニズムを持っており、卵胞ホルモンであるエストロゲンと、黄体ホルモンのプロゲステロンによって毎月管理されています。
排卵期を境に、前半はエストロゲンが活発化し、後半は代わってプロゲステロンが働き、妊娠の必要がない場合は、子宮内膜を剥がれる事で出血を起こします。

この排卵期から生理までの間に活発になる黄体ホルモンのプロゲステロンは、子宮の収縮を抑えるために作用し、それによって腸は便秘気味になります。
生理直前になると逆にプロゲステロンが少なくなり、抑えられていた腸の働きが活発化するため、便秘状態から解放されます。
ここで人によっては、便秘状態から一気に下痢になってしまう事もあります。

さらに生理中は、不要になった子宮内膜の排出を起こさせる、プロスタグランジンという子宮を収縮させる物質が分泌されます。
これは子宮だけでなく大腸や胃なども収縮させる作用があります。
そのため、腸の動きが余計に活発化する事で下痢を引き起こしてしまい、出血と下痢のダブルの悩みが付きまとう事となります。

これらの女性ホルモンの作用は、健康な体だからこそ正常に行われるものですが、生理による出血と下痢というのは、体にとって負担となるものです。
特に生理中は、腸の働きによる下痢だけでなく、腹痛や腰痛に頭痛や吐き気などの症状が出やすく、女性にとっては苦労が伴います。
そのため排卵期から生理終了までの期間は、体の状態を見極めながら対処をする事が必要となります。

生理や下痢はホルモンバランスの乱れが影響しています

正常な女性ホルモンの分泌によって起こる生理ですが、普段からの生活習慣によって、不快な症状を引き起こしている場合もあります。
特に冷えなどによる血行不良は、正常なホルモンバランスを乱れさせ、収縮物質であるプロスタグランジンの分泌を過剰にさせます。
常に生理時の下痢に悩みを抱えている人は、冷えによる血行不良や栄養バランスの乱れ、また過度のストレスが多い傾向があります。

女性は体を温める必要があると言われるのも、これらに関係があります。
普段から冷たい水分などを好み、体を冷やす事で血行不良になり、栄養やストレスに睡眠不足などの要因によってホルモンバランスが乱れます。
それによって正常な生理に支障をきたし、生理不順や月経困難症などを引き起こす可能性もあります。

不快な症状を緩和するには、漢方やアロマなども良いですし、適度な運動は血行不良やストレスの解消にもなります。
水分補給も冷たいものばかりではなく、温かいものも取り入れてみましょう。
耐えきれないほどの状態であれば、医師の診察を受けるのが一番であり、症状に合わせて対処してもらえます。

普段の生活を見直し女性の体のメカニズムを理解し、症状が起きたら適切に対処すれば、悩みや不安なく大切な期間を乗り切る事ができます。
面倒で嫌なものと思わずに、体の正常な機能なのだと意識すれば、腸の働きに怯える事なく余計なストレスを軽減出来ます。