ピルの効果は避妊だけではない!生理痛の緩和にも!

生理通を緩和して喜んでいる女性 ピルと聞くと避妊のために服用するものと真っ先に思うでしょうが、ピルには避妊だけでなく様々な効果があるのです。
どんな時にピルを服用すると良いのか、どんな効果があるのか、服用したことのある人やこれから服用してみようかと思う人、そしてピルについてあまり知らない人も知っていると自分の身体に為になることがあります。
今回はそのピル服用の効果を考えて見ましょう。

まず一つ目の効果として挙げられるのが、生理痛の緩和です。
普段生理の期間中は鎮痛剤を飲まないと症状が辛い人や、中には鎮痛剤を飲んでも効果がなくなってきた人も多くいるでしょう。
頭痛や腹痛、全身の倦怠感など生理痛には付き物の辛い症状は、鎮痛剤に頼るという考えを少し方向転換して、ピルを普段から服用してみる事で緩和する可能性があるのです。
生理痛だけではなく、月経前症候群の症状も、コントロールできる可能性があります。
服用してみて、生理痛の緩和をしつつ体調を整え、鎮痛剤を減らしてみる方法も考慮してみましょう。

ピルは生理痛だけではなく、排卵痛にも効果があります。
ピルを服用するということは、排卵をストップさせ、それにより体調を整えるということでもあります。
排卵をしないのですから、排卵痛を緩和することが出来ます。
経産婦の中には出産後、排卵痛が酷くなり、歩けないほどの痛みを抱え、病院に駆け込む人もいるくらいです。

そのような酷い痛みがあり、日常生活に支障があるようでは辛いですね。
ピルを服用することで排卵を服用中のみストップさせ、身体を整えてみましょう。
もちろん排卵を止めるため、避妊の効果がありますが、再び妊娠を考える場合は服用自体をやめれば良いといわれています。
まずは辛い痛みを緩和するための服用を考えてみても良いかもしれませんね。

他にはピルの服用によって、肌荒れが治まったという声もあります。
例えば背中のニキビに悩んでいた人がいくら皮膚科に行っても良くならなかったのに、背中のニキビは女性ホルモンによるものという考えで低用量ピルの服用を始めた後、ニキビが減るという効果もみられたようです。

生理周期中の出血量が多い人も低用量ピルの服用が効果的です。
数ヶ月の服用のサイクルで出血量を抑えることが出来ます。
日中の出血量が多くて気になっている人は服用を相談してみましょう。
このように、ピルの服用は女性ホルモンをコントロールし、体調の管理や月経前症候群、生理痛などの辛い症状を軽くすることが出来る可能性があるのです。

ピルで生理周期をコントロールできる!?

例えば旅行の予定があったり、どうしても体調を整えておきたい時に生理が重なってしまうと言うことはありませんか。
そのような時も低用量ピルを服用する事で、生理周期を早めたり、遅らせることも可能です。

また、生理周期をずらすことで、それまで生理周期が安定しなかった人は少しずつ整えていくことも可能です。
大事な予定の時に月経前症候群や生理痛で辛い思いをすることも、うまくピルを服用することでコントロールすることができるのです。

でも、薬で生理周期を遅らせることは身体に良くない影響を与えてしまうのではないかと心配になりますね。
ですが、ピルは女性ホルモンを少し調整するだけですので、一時期の服用だけで身体に悪い影響を与えることも多くはありません。
副作用を含め、それぞれのピルの特徴を理解し、自分にあったものを服用することで、生理周期に起こる辛い症状を改善することが出来ます。

毎日忘れず定期的に飲むことで、生理周期を整えたり、不快な症状を軽減したりと良い効果をもたらすピルです。
たとえ避妊や不快な症状の軽減のための定期的な服用でなくとも、どうしても生理が来るのを避けたい場合に一時的に服用することも可能なのです。
まずは自分の情況や体調にあったものを処方してもらうために、お医者さんで相談してみることから始めてみましょう。