ピルを個人輸入や通販で購入する際に注意すること

産婦人科 低用量ピルは、日本の医療機関で処方してもらう場合は婦人科や産婦人科で処方してもらうことが出来る薬で、ドラッグストアなどでは購入することが出来ない処方薬です。
医療機関で処方してもらった場合は1か月分当たり3000円程度かかるのが一般的ですが、初診料や検査代などがかかるクリニックもあります。

もっと安い値段で低用量ピルを購入したいと考えている方は、個人輸入で購入する方法があります。
個人輸入はインターネットの通販形式で販売されているサイトから買う方法で、一般的な通販と同様の形式で簡単に買うことが出来ます。
価格は1シート当たり1000円前後で購入できる商品が人気ですが、あたらしい商品の場合もう少し高くなることもあります。

個人輸入で低用量ピルを購入した場合、海外からの発送となりますが、いくつかの注意点があります。
一般的にはアジア圏からの発送になりますが、海外からの発送ですので日本の通販よりも商品を受け取るまでに時間がかかります。
値段が安いのでまとめ買いをするのにも便利ですが、薬が切れる前に余裕を持って注文しておかないと飲みたいタイミングに間に合わないことがありますので注意が必要です。

又、一部の業者で偽物を扱っているという情報もありますので注意が必要です。
日本の業者ではない場合に多いケースですが、人気の低用量ピルの偽物を扱っていて、購入したものが本物ではなかったという場合もあります。
その際は避妊効果は得られないケースがありますので信頼できる業者で購入することをおすすめします。

日本の医療機関で処方した貰った低用量ピルで体調に問題が起きた場合は処方してもらった医療機関を受診することで問題を解決できますが、海外からの個人輸入の場合はすべて自己責任になります。
日本でも販売されている低用量ピルを購入して体調が悪くなったとしても、海外から購入した場合は日本のメーカーや代理店には責任はありません。 体調が悪くなったり偽物だったときにも自己責任になることを知っておくことが重要です。

海外からの個人輸入で購入できるピルは、避妊にお金をかけたくない、医療機関に行くのが面倒という方に大変人気です。
医療機関で処方してもらう場合は定期的に血液検査などを受けられるケースもありますし、体調に関しても相談することが出来ます。
個人輸入は値段は安いですが、医療機関から処方してもらっているわけではありませんので体調の管理も自己責任になります。

偽物かどうかを見分けずらいので注意!

海外通販で購入できる薬は、値段が安いことから大変人気で低用量ピルに限らず偽物が多く流通しているのが現状です。
偽物の医薬品は素人の目にはどちらが本物かわからないくらい精巧にできており、偽物かどうかの判断は難しいといわれてます。

低用量ピルは毎日正しく服用することで排卵を防ぎ望まない妊娠をせずにすることが出来る薬です。
中に含まれる女性ホルモンの成分が偽物だった場合正しく避妊をすることが出来ませんので、望まない妊娠をしてしまうケースがあります。

海外に流通している偽物の薬には、身体に有害な金属成分が配合されている場合もあり、そのような場合は見た目は通常のピルですので服用する際にも気づきません。
パッケージにも異常は無いように見えますが、長年身体に蓄積されて体調不良などの原因になることがあります。

医薬品のパッケージには偽物と本物を見分ける為の工夫などはされていませんので、パッケージで見分けるのも難しいと考えられます。
偽物の低用量ピルを購入しないためには、販売実績の多い評価の高い業者を選んだ方が安心と考えられています。
又、何かあった時にはすべて自己責任になることから、体調管理などを徹底するのも重要です。