副作用の少ないモーニングアフターピルのロエッテ

ロエッテ(Loette)は、低用量のピルで避妊や生理痛を緩和する目的で用いられる薬です。
経口避妊薬、いわゆるピルと呼ばれるものです。
主成分として、緊急避妊薬のレボノルゲストレルの成分が含まれているため、モーニングアフターピルとして利用することもでできます。

ロエッテは、避妊具を用いずに性行為を行なった場合の妊娠の可能性を性行為後24時間以内に服用することで95%回避することができ、72時間以内の服用であれば75%避妊を回避することができます。
主成分として、エチニルエストラジオールとレボノルゲストレルとしている避妊薬なので、受精と着床を妨げることで避妊効果を期待することができ、他の経口避妊薬と比較して副作用が軽い薬となっています。
緊急時に妊娠を回避すために使用する場合には、性行後の72時間以内に1錠、その12時間後にさらに1錠服用することで効果を発揮します。

その服用後、3日~3週間以内に生理のような出血があれば緊急避妊が成功したこととなりますが、3週間過ぎても出血がなければ、妊娠の可能性があるため注意が必要です。
通常の低用量ピルとしてロエッテを使用する場合には、生理初日を服用1日目とし1日1錠を毎日同じ時間に服用することになります。
その後、21日間に渡って服用をしたら7日間は服用休止または代替の偽薬を服用します。
その休止期間中に生理が開始します。

ロエッテは、医師や薬剤師によって処方してもらうことも可能ですが、通信販売でも購入することができるタイプの経口避妊薬(ピル)です。
通信販売で購入する場合、避妊薬としての値段も比較的安いです。
経口避妊薬は保険がきかないタイプの薬なので、全て自費での購入となりますので値段があまりにも高いと手を出せませんが、ロエッテは値段も比較的安く効果も高いです。

毎日服用する低用量ピルの中で、最も避妊効果が高い商品です。
通販でも購入することができるので常備薬としても利用することができます。
緊急避妊薬としてモーニングアフターピルのように活用できる上に副作用も少ない低用量ピルとして、非常に優れた効果を発揮する薬です。

ロエッテの主な副作用としては、むくみ、体重増加、発疹や網膜血流障害に起因する視力障害、肝機能障害などを挙げることができます。
副作用の程度や有無には個人差があるため、注意が必要です。
服用の結果、副作用がひどい場合には自分で判断せず、医師に相談することが大切です。

もしもの時のために常備薬として備えておきましょう!

ロエッテは通常の毎日服用する低用量ピルの効果と緊急避妊薬としてのモーニングアフターピルの効果のどちらの効果も併せ持つ薬です。
モーニングアフターピルとしてよく使われる成分であるレボノルゲストレルが成分の一部となっていることから、かなり高い効果を発揮します。
有効成分であるレボノルゲストレルは少量でエチニルエストラジオールの作用を最大限に引き出す働きがあります。

また、女性ホルモンのバランスを整えてくれるため、ロエッテには、女性ホルモンのバランスが崩れた時に起きりやすい様々な症状を改善させる作用もあることが確認されています。
望まない妊娠を避ける効果だけでなく、生理痛や生理不順を解消したり、卵巣がんを予防したりという効果も期待することができます。

そのためロエッテは常備薬としても活用できる薬です。
高い効果を持っているため、通常の低用量ピルの場合には飲み忘れると避妊の効果が薄れてしまいます。
ロエッテは緊急避妊薬の役割も持つ為、避妊の確実性が高い薬として活用することができますそういったことも含め、すべての低用量ピルの中で最も効果の高い経口避妊薬と言えます。
もしもの時のために常備薬として備えておきましょう。