生理痛を緩和、軽減する人体のツボ押し!

ツボ押し 女性なら誰もが一度は経験した事があるであろう生理不順や生理痛ですが、その程度には個人差があります。
全く感じないという人もいれば、動くことが出来ないほど辛いという人もいます。
また、以前は平気だったけれど、年齢を重ねるにつれて辛くなったという人もいれば、その逆もいます。

生理痛を緩和させる方法として、医薬品を使用するという方法もあります。
しかし、医薬品は常用していると規定量では効果が見られなくなってしまったり、副作用が心配という人も少なくはありません。
また、常に手元にあれば良いのですが、そうではない状況もあるでしょう。

そこで、いつでもどこでも気がついた時に簡単に生理痛を緩和、軽減させることが出来る方法として、ツボを刺激するという方法があります。
特別な道具を使用しなくても行うことが出来ますし、周囲の人に迷惑を掛けるということもありません。

あらかじめ、どのツボが生理痛の緩和、軽減に役立つのかを知っておくと良いでしょう。
なお、生理前後は、ホルモンバランスの変化により、いつもよりもイライラしたり、些細なことでストレスを感じる、気分が落ち込むなど、特有の症状が見られることもあります。

そのような症状を軽減させる効果を期待できるツボも併せて覚えておいたほうが良いかもしれません。
なお、ツボを刺激するという場合には、強い痛みを感じるほど力強く刺激する必要はありません。
痛気持ちいい、心地よいと感じる程度の力で刺激をするようにしましょう。

生理痛は、血行を良くすることで、症状を改善させる効果を期待することが出来るとされています。
その為、腰回りを温めたり、ゆっくりと入浴をするなどして、身体を温めるようにすると、症状が改善されるかもしれません。
普段の生活でも、身体を温める、血行を良くするということを意識した生活をすることをおすすめします。

ホルモンバランスが崩れると、それにともなって自律神経も乱れてしまいます。
自律神経やホルモンバランスが乱れると血行が悪くなってしまうため、結果的に生理痛がひどくなってしまうことがあります。
自律神経の乱れの原因は一つではありませんが、ストレスが大きな影響を与えていると言われていますので、自身にあったストレス解消法などを見付けるということも症状改善のためには大切なのかもしれません。

痛みだけではなく、生理不順などの症状が見られる場合には、何らかの病気が隠れていることがあります。
その為、生理不順などがある場合には、一度専門医に相談をした方が良いでしょう。

足?腰?背中?どのツボが生理痛に効く?徹底解説!!

一般的にツボと呼ばれ箇所は、東洋医学では「経穴」と呼ばれています。
この経穴を刺激することで、様々な症状を緩和させる効果を期待することが出来ます。
生理痛緩和に効果的な経穴としては、「気海」「関元」と呼ばれるところがあります。
気海はへそから指2本分した、関元は指4本分下に位置しています。
刺激するときにはその部位を温めるようにすると、より高い効果を期待することが出来ます。
温め方は、蒸しタオルなどを使うと手軽です。

背骨の両側、指2本分のところに位置しているのが「腎兪」です。
親指をツボにおき、上体を反らすようにして曲げながら刺激をしましょう。
身体を反らすことが難しければ、無理に行わず親指で押し込むようにしましょう。

内側のくるぶしから指の幅4本分ほど上に位置しているのが、三陰交と呼ばれる場所です。
身体の冷えを改善させることが出来るツボとしても有効で、骨と筋肉の間の凹みを目印にすると見つけやすいかもしれません。
辛かった生理痛が、軽くなることを実感することが出来ることでしょう。
ツボを刺激することで、改善される症状は一つではありません。
特に強い痛みを感じた箇所は日頃から刺激をするようにすると、様々な症状改善に役立つかもしれません。