ピルには様々な種類があるので目的別に選ぼう!

ピルの種類について説明する医師 最近では日本でも多く普及してきたピルの使用ですが、一言にピルと言っても実は様々な種類があります。
なので、目的に合ったピルを選択することができますし、自分の身体に合ったピルを選択することができます。
ピルは避妊を目的として飲むことと、避妊以外の効果を目的として飲むことに大きく分けられます。

世界の多くの女性が服用していますが、現在日本で病院で処方が認められているピルの種類はそこまで多くありません
そもそもピルはプロゲステロンとエストロゲンといったホルモンが配合されたものです。

女性の身体の中でこの二つのホルモンが作り出されるときは、妊娠している時と排卵後から生理が来るまでの時期です。
ピルを飲むということはこれらの状態を疑似的に作り出すことで排卵を促します。
これにより脳が妊娠していると勘違いするのです。

毎日飲み続けることで子宮膜を妊娠しにくい状態にして排卵を抑え、これにより生理のサイクルが整い生理不順が改善したり、予定に合わせて生理をずらしたり、生理痛の軽減・イライラも改善されます。
そして何より避妊の効果が得られます。

ピルにはホルモン量によって種類分けされてる

ピルはホルモンの量の違いによって、高用量・中用量・低用量・超低用量といった種類に分類することができます。
高用量・中用量ピルは主にホルモン異常などの疾患の治療のために用いられることがほとんどです。
ホルモンの配合量が多いため副作用も起こりやすいです。
望まない妊娠を回避するための緊急避妊法として中量ピルが使用されることもあります。

ホルモンの配合バランスでも種類分けされる

ピルはエストロゲンとプロゲステロンのホルモンの配合バランスによって、一相性・二相性・三相性の種類に分類することができます。
日本において認可されている種類は、一相性と三相性です。
ピルは21日間続けて飲むことがポイントなのですが、一相性は21日間のピルに含まれるホルモン量が全て同じで、三相性は21日間の中でホルモンの配合量を3段階に変化させています。
そのため自然のホルモン分泌に合わせて配合されているので、身体への負担が軽減されます。

ホルモンの種類にも違いがある

そして、ホルモンの種類の違いから第一世代・第二世代・第三世代・第四世代にも分類することができます。
避妊を目的として病院でよく処方されるのが低用量ピルで、中でもトリキュラーは人気のある低用量ピルとして多くの女性に使われています。
このトリキュラーは副作用が少なく不正出血などのリスクを減らすことができ、避妊の効果が期待できます。
トリキュラーは三相性に分類され、自然なホルモン分泌に合わせて配合されたものです。
なので身体への負担や副作用も少なく服用することができます。

予想外の妊娠を防ぐことを目的とした緊急避妊薬として、アイピルが挙げられます。
アイピルは避妊具を使わずに性交渉をしてしまったり、コンドームが破けてしまったりした場合など妊娠を望まない時、性交渉後72時間以内にアイピルを服用することで、受精卵の着床を防ぐことができます。
できるだけ早めに服用することがポイントになります。
重い月経障害や、ニキビの緩和などに超低用量ピルが用いられます。
ホルモンの配合量がとても少ないので体への負担が軽減できます。

トリキュラー以外の低用量タイプの種類

低用量ピルの種類だけでも様々なメーカーからピルが販売されています。

  • オーソMやオーソ777
  • シンフェーズ
  • アンジュ
  • ラベルフィーユ
  • マーベロン
  • ファボワール
  • ヤスミン
  • ヤーズ

確実に避妊するために服用の際は用法用量を守ろう!

腕時計を確認する女性 ピルは避妊効果を維持するためにも飲み忘れないようにしなければなりません。
避妊目的で服用する場合には、確実に避妊するために用法と用量を守ることが必須です。
まずはピルを毎日同じ時間に服用することがポイントになります。

そして毎日同じ時間に21日間飲み続けます。
その後7日間飲まずに休みます。
ピルは1シート21錠タイプと1シート28錠タイプのものに分けることができます。
21錠タイプのものは、21日間飲んでから7日間休んでその翌日に忘れずに次の21錠分を飲み始めなければなりません。

一方で28錠タイプのものは、21日間服用したら本来ならば7日間の休薬期間を7日分のフラセボという偽薬を飲み続けるため、飲み忘れることなく次のサイクルのピルを飲み始めることができるというメリットがあります。
特に飲み忘れが心配な人や、初めてピルを服用する人は慣れるまでとても便利です。
どちらを選択しても、効果は同じです。
21錠は28錠に比べて錠剤が少ないので携帯に便利ですし、フラセボを飲むのが嫌という人もいるようです。
自分に合ったものを選択するのがおすすめです。

その他にもピルは飲み始めを選択することができます。

ワンデースタート
月経が始まった日から飲み始める方法で、服薬開始日が分かりやすいというメリットがあります。
サンデースタート
月経開始から初めての日曜日に飲み始める方法です。
毎週期の始まりが日曜日なので飲み忘れを防ぎやすいこと、月経が週末にならないようにコントロールすることができるというメリットがあります。

ただ、サンデースタートは服用を始めて1週間は避妊をする必要があるので注意が必要です。
これらもどちらを選択しても効果は同じなので、自分の習慣に合ったものを選択することができます。
また、一相性・三相性のピルによっても飲み方に気をつけなければなりません。
一相性はホルモン量が全て同じなので特に気にする必要はありませんが、三相性は決められた順番で錠剤を服用しなければ避妊の効果がなくなってしまうので注意が必要です。
そして万が一ピルを飲み忘れてしまった場合には、1日や2日の飲み忘れであれば飲み忘れた分をすぐに飲み、その日の分のピルも服用します。
つまり、飲み忘れた翌日は2錠飲むことになります。

3日以上飲み忘れてしまった場合には、できるだけ早めに1錠を服用し、その後は1日1錠を服用し続けます。
飲み忘れた日から7日間の7錠を服用し終わるまでは、性交渉をする場合はコンドームを併用して避妊をする必要があります
あらかじめピルを病院で処方してもらう時点で、医師に飲み忘れた時の対処の方法について確認しておくと安心です。

ピルと喫煙の関係

また、女性の身体は年齢を重ねるごとに循環器系の病気を発症するリスクも高くなります。
喫煙をしているとそのリスクは急激に高くなります。
そしてピルを飲んでいる35歳以上の女性も同じく病気を発症するリスクが高くなります。
なので、喫煙者でピルを服用している女性はより一層循環器系の病気を発症するリスクや血栓症になるリスクが高くなってしまいます。
なので喫煙をしながらピルを服用することも希望している人は、年齢によっては禁煙をする必要がでてきます。

病院で処方されるピルには保険がきくものがある

日本でピルを手に入れるためには、どの種類でも病院で医師によって処方されなければなりません。
ピル自体は安い値段で手に入ることからネットでも購入が可能ですが、全てが自己責任となりますしピル自体が副作用を伴う危険のあるものなので、かなり慎重に選ばなければなりません。

医療費の請求書 病院で処方されるピルのうち、避妊目的のピルの使用の場合は、自由診療の扱いとなるため値段の10割が個人負担となります。
そしてこの自由診療は、値段を病院側が決めることができるので、病院によっては値段の違いが発生します。
ただし、避妊目的ではなく月経困難症などの治療を目的とする処方の場合は保険が適用されるため、値段が幾分か安くなります。

月経困難症などの治療を目的に処方されるピルの種類

  • ルナベルLD
  • フリウェルLD
  • ルナベルULD
  • ヤーズ

保険が効かないピル

病院で処方されて保険が適用されるピルは、処方された薬の値段に加えて3割負担の診察料、処方料なども上乗せされます。
日本の病院で避妊を目的として医師が処方することの多いトリキュラーは、保険が使えないので全額自己負担となります。
また、避妊に失敗したらアフターピルを使うことがほとんどですが、こちらも保険適用外なので全額自己負担となります。
一見アフターピルは緊急性を伴うため、保険が適用されるように思われるかもしれませんが、アイピルなどのアフターピルも治療を目的とするのではなく妊娠することを防ぐことを目的としているため、保険適用にはならないのです。
ただ注意しなければならないのが、アフターピルは性交渉後72時間以内に服用しなければ効果がないため、病院を受診しようにも連休で病院が休診続きだったりすると処方してもらうことが困難となってしまいます。
なので、保険は効かなくて値段が高くてもできるだけ避妊効果の高いトリキュラーのようなピルを毎日飲む選択をする方が、万が一の妊娠を確実に防ぐことができることからおすすめです。
一般的に保険が効くとされるルナベルやヤーズ、フリウェルは、もともとの単価が高いため、3割負担になったとしても、10割負担で避妊を目的とするトリキュラーなどと値段的に変りがあまりありません。

そもそも月経困難症って何?

そもそも保険が適用されるピルが治療目的とする月経困難症は、女性ホルモンによく似た物質が過剰に分泌されることによって起こるものと、子宮内膜症などの疾患が原因となって起こるものに分類されます。
言ってみれば月経困難症は生理痛なのですが、よく女性にみられる生理痛と月経困難症が大きく違うのは、重度の腹痛などで日常生活を送ることが困難になってしまうほどの症状があり、治療を必要とするケースの事をいいます。
月経に伴う下腹部痛や腰痛、頭痛、下痢や発熱、嘔吐といった症状が表れ、あまりの症状にひどさによって、学校や会社へ行くのが困難であったり、生理のたびに複数回鎮痛剤を飲んで痛みを緩和したりしている状態になります。
家事をこなすこともできず横になっていなければならないという症例も少なくありません。
治療のために処方されるルナベルなどは、トリキュラーなどの一般的な避妊目的のものと同様の効果があります。
あくまで治療目的として処方されているため、避妊効果を保証しているわけではないことを理解しておく必要があります。 また、反対に女性ホルモンが足りなくなって起こる更年期障害等には女性ホルモンを補充する薬を使用するケースもあります クリマラは身体に貼るだけで女性ホルモン補充することができますので、ピルを使用するより副作用の心配も少なく安心して使用できるでしょう。

ピルの値段は入手方法によって様々です!

ピルの個人輸入 ピルの値段は入手方法によって違ってきます。
日本では未認証なものでも、個人輸入という形を取ってネットで購入することを選択する人も少なくありません。

また、日本の病院で避妊を目的にピルを処方してもらうことを選択すると、どうしても薬だけの値段だけでは済まず、検査料や診察料、処方料なども上乗せされてしまうため高額になってしまいます。
診療も自費なので初回は特に検査も必要となるため1万円前後必要になる場合が多いです。
再診の場合は検査などが不要となるため、幾分か安くなりますがそれでも値段は高めです。
それではいくらトリキュラーなど避妊を目的とするピルを毎日続けて飲まなければならなないと言っても、継続するのに経済的な負担が生じてしまうので、あえてネットで安く購入するという選択をする人も多くいます。
緊急避妊薬として知られるアイピルも、アフターピルとして飲まれることが多いものの、病院へ行くことが困難であったり病院が休みで利用できない場合も考えられます。
そのことから、もしもの時に備えて手元に置いておきたいと考える人はネットで購入したりします。
実際アイピルを病院で処方してもらった場合には値段が診察料にアイピルの値段、処方料や検査料などを含めても1万円以上の値段がかかってきます。
ネットでアイピルを1錠購入するとピンからキリですが病院で処方してもらうよりも3分の1の値段で購入出来てしまいます。

個人輸入の注意点

もちろん安さはとても重要なポイントですが、なにより安全性を重視することが大前提です。
人の身体は日々変化しますし、これまで大丈夫だったものが、次にネットで購入した時には副作用が強く体にでて飲み続けることができなかったりすることもあります。
なのでできるだけ安全に服用できるよう、医師の診察を受けて自分の身体に合ったものを選択することがおすすめです。

また、個人輸入でピルを購入する場合には様々なリスクが伴うことを理解しておく必要があります。
個人輸入で購入した医薬品を使って起こったトラブルは全て自己責任となります。
病院で処方されるピルは重大な副作用が起こった場合には、副作用被害救済制度などが適用されて保障の対象となりますが、個人輸入となるピルをはじめとする医薬品はその保障の対象とはなりません

また、サイトによっては商品に詳細な説明がないものもあるため、購入後はしっかり外国語の説明書を読み込む必要があります。
日本で認可されているピルは世界中で飲まれているもののうちのかなり少ない種類しかありませんが、厳しい審査を通って日本に流通しているものばかりです。
日本で認可されていないものの中には、値段が安いものも多くあり魅力を感じてしまいますが、国が安全性を認めていないものに対して自分が安全だと判断できる要素はありません。

ピルの値段について

ピルの値段は、服用する目的や薬の種類、病院で購入するかネットで購入するかによって大きく違ってきます。
長く服用を考えている人にとっては値段は大きな購入の基準となります。
ただ、値段にこだわり過ぎて自分の身体に危険を及ぼすようなことになってしまっては、余計に治療費もかかります。
命にも関わることにならないともいいきれないので、十分注意しながら購入をどうするか判断することが大事です。